2011年09月03日

野田内閣、期待したのに・・・

 休眠中(汗)に、世の中が少し動いたみたいですね。

 勿論、野田新内閣のことです。

 代表選で海江田を破ったことについては、正直ほっとしました。

 中共の犬 vs 財務省の犬

 ならば、まだ野田氏の方がマシなのは言うまでもないでしょう。

 それに、少々期待もしました。

 野田氏は南京大虐殺やいわゆるA級戦犯などについて、正しい歴史認識をお持ちのようですし、民主党の進める人権侵害救済法案等の悪法に対し、断固として反対するなど、「保守派」と呼んでいい思想の持ち主だったからです。

 はっきり言って、過去の総裁選で靖国参拝を否定してきた谷垣や稲田氏らのウルルン島視察を、難癖付けて阻止しようとした石原のいる自民党執行部より、よっぽど首相にふさわしい、とまで思っていました。(谷垣は野田氏と同様、財務省の犬ですし)

 しかし、この考えも、日教組のドン・輿石の幹事長就任で失望に変わり、昨日の内閣の顔ぶれ発表で絶望に変わりました。

 鉢呂(旧社会党出身)のような、あからさまなプロ左翼や川端や平岡、中川、小宮山、前田、一川、藤村、山岡(ちょっと!多過ぎ!!)といった外国人参政権推進派自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる事務次官通達を主導した安住など、左翼思想、全体主義思想を持った人物が次々と入閣したからです。

 いくら党内融和、といってもこれはないでしょう。どれだけ首相がきちんとした考えをもっていたとしても、これでは何も期待できません。

 さらに、さっき入ってきたニュースでは、野田氏自身も外国人から献金を受けていたとか・・・

 民主党政権、いったいどこまで腐ってるんだ?  


Posted by なまくら at 19:32Comments(0)売国政党