2011年11月19日

TPPについて地上波でここまで言ったの、初めてじゃない!?

 先日14日、宮崎以外では、「たけしのTVタックル」という番組内で、TPP問題が話し合われたようです。

 勿論なまくらはライブで見ることは出来なかったのですが、幸い、多くの有志が動画をアップしてくれているおかげで見ることが出来ました。

http://video.fc2.com/content/201111157kfJRAD4


 産経新聞を始め、賛成派の意見はいつも危機感がない上に(「韓国に抜かれて破綻するぅ~!!みたいなわけの分からない危機感はあるようですがw)、嘘の情報で塗り固めてしまうことが腹が立つのですが、今回の番組を見ても、民主党の松原仁議員など

 「(日本が正式に交渉参加する頃には、現在交渉中の国々により大部分が合意されているにもかかわらず)そこを外交力でひっくり返す!!」
 「国益に適わないと分かったら抜ければいい」

といった嘘で参加をごり押ししようとしていたのが目立ちました。
 
 参加を前提に交渉入りして、それを抜けるということが、どれだけ日本の外交力を貶めるのか、分かっているのでしょうか?野田といい、松原といい、民主党の「保守派」は何でこう稚拙なのでしょう?
 それに、既に合意された部分をひっくり返すような外交力が民主党にあるなら、普天間にしろ、円高にしろ、とっくの昔に解決してますぜ、ダンナ。
 京都議定書をアメリカが離脱したことを例に挙げて、「離脱は可能!!」とか言って、「アメリカと日本は対等なんだから!」と頓珍漢なことを言った松原。賛成派であるはずの三宅翁にまで「対等なわけないでしょ!」と一喝される始末。哀れw

 しかし、三宅翁にもがっかりです。「たかじんのそこまで言って委員会」で、賛成派なのは大体予想がついていましたが、

 「ISD条項?じゃあ、交渉で入れさせなきゃいいじゃない」
 「混合診療を解禁して何でアメリカに負けるの?」

と、専門外であることを曝け出したご様子。知らないなら、無理してTV出なきゃいいのに。
 しかも、野田総理がISD条項について「知ってますよ」と言った直後、国会での佐藤ゆかり議員とのやりとりのVTR(実は総理がよく分かっていなかったことを暴露)が流され、嘘がばらされる始末。

 挙句の果てに
「反対派は幕末の攘夷派と同じ。」

 開国しないと日本が植民地化する恐れがあった幕末と、今と一緒にするなんて・・・

 TPP賛成派と反対派の議論では、賛成派の無知と危機感のなさが曝け出されるのがお決まりの流れになっているようですが、今回の番組でもそれが補強されただけのようです。
 この番組を見て、賛成派に転じる人は皆無ではないでしょうか?

 この番組は是非、書き起こししたいと思います。それまでに消されないで~!!

 それにしても中野先生、一番オイシイ役回りじゃなかったでしょうか?(笑)  


Posted by なまくら at 14:52Comments(0)売国法案