2009年11月17日

安全安心って何だ?

 今日は、初めて木、金のGO!GO!ニュースを取り上げてみます。

「なぜ急ぐ」反対署名46万人 プルサーマル始動
 「市民が抱く安全への不安を誰も、どこも解消しないまま、どうして急いで始めないといけないのか」
 九電玄海原発3号機で始まる国内初のプルサーマルをめぐり、原子炉が起動した5日、計画に反対する市民団体が佐賀県庁や玄海原発、九電本社など関係先に集まり、抗議の声を上げた。
 県庁ホールには、古川康知事との面談を求め、3団体約20人が集まった。県側は「公務」を理由に面談を拒み、原子力安全対策課の担当者が対応。反対の署名活動を続けている「NO! プルサーマル佐賀ん会」が抗議声明とともに、「不安の重みを受け止めてほしい」と、これまでの累計で46万7836人に上る署名を追加提出した。
(追加は2万2千人分※筆者注)
 佐賀ん会の野中宏樹共同代表は「高濃度のプルトニウムを一般の原子炉で燃やす安全性の保障や、使用済み燃料の処理方法が未定なことなど、積み残した課題が多すぎる」と憤り、「九電や国、県はどうしてそんなに急ぐのか」と語った。
 玄海原発では3団体が抗議声明を提出。周辺では「運転阻止」を叫ぶデモ活動もあった。
 また福岡市中央区の九電本社前ではプルサーマルに反対する市民グループ「みらい実行委員会」の約10人が抗議活動を始めた。メンバーの井上伸二さん(39)は「九電は市民に説明責任を果たしていない」と訴えた。

(西日本新聞より転載)


 佐賀では、毎日このプルサーマルの情報を流しています。そうやって、安全性を開示することで地元市民と九電とのバランスをとってきた。
 ただ、情報を開示しているとはいえ、地元は心配が尽きないのはもっともです。

 安全性に疑問視する声が上がるのはおっしゃる通りでして、安全性をいかに公開していくかですね、それは既に行われている、と。

 私もこのプルサーマル計画に参加した事があるが、色んな疑問や不安を聞いてもらって、向こうから答えをもらう、という事で、もっともっとそうした機会を持ってほしいな、という気持ちはありますね。
 結局、安全安心を市民に理解してもらう事が最優先なので、もっと一般の方にこのプロジェクトに参加していただくとか、会合や集会を数多く設けてほしいな、と思います。

 そうですね。円満にね。

 皆で守っていかないといけませんし、安全安心と資源を融合させて、最優先で考えていきたいと思います。
(以上、書き起こし終了)

 まあ、高々20人程度の抗議活動をニュースのメインテーマで取り上げる事からして、西日本新聞やMRT(TBS系列)らしい報道ですわ。

 キミたち、先月17日には、1500人がデモ行進してますよ!NHKに対しては、1万人以上が訴訟を起こしていますよ!何で報道しないんですか!!
 ま、ブロガーより情報収集能力の無いメディアなんて、さっさと店畳んでください

 因みに、新聞業界で一番中立(保守ではない)と思われる産経新聞の取り上げ方は、こうでした。↓(indexのみ)
プルサーマルの玄海原発が臨界
九州電力、国内初のプルサーマル発電開始、玄海原子力発電所で試運転/計画より10年遅れ
プルサーマル開始「喜ばしい」と原燃社長

 いかに、地方紙が偏っているか、よく分かります。

 さて、MRTラジオ、取り上げるニュースもニュースなら、コメントもコメントですね。
 男のアナウンサー(最早名前を調べるのも面倒くさい)、まるでコメントになっていません。無関心さがまる分かりです。この程度ならば、小学生でもコメントできます
 なので、一ブロガーである、なまくらが代わりにコメントしておきます。

 そもそも、プルサーマル計画はウラン燃料のリサイクルとしてスタートしており、資源小国の日本としては、エネルギー自給率を高める効果があります。
 また、核兵器の材料となる余剰プルトニウムを減らすことができ、核管理を担保しているとも言える事業なのです。
 一方の反対派の意見としては、「危険なプルトニウムを使用するなんて、けしからん」とかいう、感情的なものが多いのですが、通常のウランを利用した原子力発電においても、プルトニウムは発電過程で生成され、ウランと一緒に燃えているのですから、実績としては十分あります。
 また、「絶対安全とは言い切れない」などという意見は、もはや愚の骨頂であります。
 そもそも、世の中に絶対安全なんてものは存在しません。多かれ少なかれ、リスクを背負っているのです。
 もし、絶対安全でなければならない、というのであれば、あなたは明日から電車も車も使うのをおやめなさい。食品だって、絶対安全ではないから、蒸留水だけ飲んで生活してください。
 逆に言うと、「絶対安全」を標榜するところは、ウソをついている可能性がある、ということです。
 当然、少しでも「絶対安全」に近づける努力は必要ですが、それだけではダメで、「安心」を生む材料が無いと、住民は納得しません
 そこで必要となるのが、徹底した情報開示と、説明責任ではないでしょうか。
 九電のHP等を見る限り、彼らは十分に情報開示と説明責任を果たしていると思います。
 自衛隊などもそうですが、彼らは、自分達にアレルギーを持つ人間がいる事を分かっているので、それを払拭しようと必死なのです。
 それを、何も知ろうとせずに「いや、まだまだ足りない」「もっと努力できるはずだ」と言うのでは、彼らのプライドを傷つけるばかりで、事態の進展に良い影響を与えないと思います。却って、隠蔽体質を生む原因にすらなりかねないのです。
 事態としては、むしろそっちの方が危険だとは思いませんか?

 だから、なまくらが望むのは、原発が立地している地域の方々は、単なる左翼組織と化した反原発団体とは一切縁を切って、前向きな情報公開や説明責任を求めていく方向に話を進めていってほしいと思うのです。
 


同じカテゴリー(マスコミ)の記事画像
法人減税報道に見るマスゴミの不誠実
こうして記事は捏造される
前政権を散々イメージダウンさせてたのに、今更何言いやがる
報道拒否という名のテロリズム
【天皇会見問題】 悪しき先例にするな
貧困の意味を理解もしない、説明もしないマスゴミと閣僚
同じカテゴリー(マスコミ)の記事
 【拡散依頼】 麻生副総理の発言を180度捻じ曲げた共同、朝日に鉄槌を!! (2013-08-03 08:12)
 NHK不祥事から考えるマスゴミ対策 (2012-05-20 10:58)
 法人減税報道に見るマスゴミの不誠実 (2011-01-10 18:07)
 宮日新聞は何を考えているのか (2010-07-14 22:25)
 こうして記事は捏造される (2010-01-29 00:48)
 前政権を散々イメージダウンさせてたのに、今更何言いやがる (2010-01-24 00:16)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
安全安心って何だ?
    コメント(0)