2010年01月13日

【重要】 蠢き始めた闇法案 その2

 前回に引き続き、参政権問題です。

 今朝の産経新聞と人民日報東京版が、1面トップで報じていた他、読売、変態新聞も政治面で掲載しており、多くの国民が(意識しているならば)目にしたかと存じます。



(上:参政権提出方針を報じる人民日報東京版)


 特に、産経、読売は日教組議員の興石東による、恫喝にも近い発言も取り上げており、虎の威を借る興石の横暴ぶりを白日の下にさらけ出していました。

外国人参政権法案で動き出した小沢氏 政権の新たな火ダネに?

(前略)
 「政府は早く法案提出準備をやるべきだ。党は党でやるから政府は政府でやってほしい。動いていないのは政府の方じゃないか!」

 11日の政府・民主党首脳会議。小沢一郎幹事長の右隣に座った輿石東参院議員会長が、対面して座る平野博文官房長官をにらみつけながらこう言い放った。

 小沢氏が「日韓関係を考えると外国人参政権は政府でやるべきだ」と水を向けたところ、平野氏が「党の方は大丈夫なんですか」と消極的な姿勢を示したことが癪(しゃく)にさわったのだ。

 輿石氏の剣幕に、鳩山由紀夫首相ら政府側出席者は押し黙り、政府提出法案としての今国会提出が決定づけられた。
(後略)

(上:MSN産経ニュースより一部引用)


 ご存じの方がほとんどだと思われますが、なまくらは、この永住外国人に対する地方参政権付与法案には大反対です。
 何故か、というと、理由は4点あります。
 1つ目の理由は、日本人にとってメリットが皆無であるばかりか、国と国民の存亡がかかっているからです。
 誇大妄想だ、と思われるのは勝手ですが、国が滅ぶ、とは、何も各国の地図上から「Japan」の文字が消えてなくなるだけ、というだけではありません。
 国や地域の行く末を、それらと運命を共にする気の無い外国人が好き勝手に左右する状態、それに対して異議も唱えられないような状態、そんな状態は、事実上「亡国」と言って差し支えがないでしょう。
 詳しい事は、わたしの拙い文章より、「外国人参政権に反対する会」のHPなどをご覧頂いた方が、理解が深まると思いますので、これ以上の言及は割愛させていただきます。

 2つ目の理由は、この法案が上記のように極めて危険で、また、憲法違反の疑いすらある中で、全くと言って良いほど、議論が為されていないからです。
 議論が為されていない理由の一つは、もし国民、又は国会議員諸氏が(名実ともに)法案の内容を知れば、ほとんどの場合、反対に回る事が明らかだからでしょう。
 つまり、在日利権の汁を吸おうと画策している一部売国議員とその小間使い達にとって、法案が白日の下に曝されるのは非常に都合が悪いのです。
 だから、ゴキブリが闇夜にコソコソ動き回るように、国民の監視が行き届かない密室で法案が練られ、ひっそりと成立させようとしているのでしょう。
 まさに闇法案です。
 (因みに、「博士の独り言」の定義によると、この法案は「第一種闇法案」であります。)
 同法案は、政府提出とすべき、と報じられていますが、恐らく、閣議決定(=民主党内における党議拘束をかける)する事により、党内の有識議員の意見を封じ込めるつもりでしょう。
 党議拘束をかけられると、よほどの事が無い限り、造反は難しいでしょう。
 何しろ、先の衆院選での当選議員の大半が「民主党」という看板を掲げて当選しているのです。
 1,2回生議員が造反=離党(もしくは議員辞職)という茨の道を歩む決意を固めるのがどれだけ難しいかは、想像に難くありません。
 あくまで噂ですが、あの松原仁議員すら汚沢に取り込まれた、という噂があるように、信義だけでは議員職をやっていけないのも事実です。
 そこが陰の支配者たる汚沢のねらいなのです。

 3つ目の理由は、この法案が一端成立しますと、廃止する為には、極めて多くの労力と時間を必要とし、最悪の場合は廃止する事すら不可能になるからです。
 なぜなら、この法律はその主旨からして、人権問題が関わってきます。
 もし、廃止にあたって在日外国人団体などから訴訟を起こされた場合、被告側が勝つ見込みは、ほとんど無いでしょう。
 オランダなど、既に参政権を認めた国が悩んでいるのも、この点だと思います。

 4つ目の理由は、この法案が逆に外国との友好関係を阻害する原因になるからです。
 実例として、またオランダに登場していただきますが、かの国では、定住外国人(主にイスラム国からの移民)に参政権の他、過度の権利を付与した結果、外国人が「郷に従う」必要が無くなり、所謂「国家内国家」を形成、地元民を逆差別するような事態を招いています。
 これは、オランダ国民、定住外国人双方にとって不幸な出来事の始まりでした。
 治外法権のような状態が生まれた結果、治安が極度に悪化、それに比例するかのように外国人排斥を訴える極右政党が台頭、外国人がさらに牙をむく、という悪循環に陥っています。
 善隣外交や「友愛」のつもりで、あるいは贖罪のつもりで”良かれ”と思ってやった事が、全く逆の結果を生んだ、という典型例でしょう。

 諸外国人に比べ、大人しいと言われる日本人ですが、外国人排斥などを主張する極右思想の持ち主も、残念ながら少なからず存在します。
 もし、参政権法案が成立し、オランダのような治安悪化が現実問題となってきたら、この国においてすら、極右政党の台頭は避けられない事態となるでしょう。
 汚沢や山鳩は、100年前の朝鮮人虐殺事件のような事態の再来を望むのでしょうか?
 そのような事態となれば、日本人、在日外国人双方にとって不幸です。また、世界の恥さらしとなりかねません。

 以上、4点ほど反対理由を述べてきましたが、なまくらは決して外国人排斥や国粋主義を訴えているわけではありません。
 とりわけ戦後教育を受けた世代は、「差別」と「区別」を混同して理解しています。
 定住外国人に選挙権が無い事が、果たして「差別」なのか、それとも常識的な「区別」なのか、良く理解した上で、賛成、反対を「自分の頭」で考えてください。



同じカテゴリー(売国法案)の記事画像
多文化共生がもたらしたもの その2 ~イタリアからの便り
進行する裏マニフェスト ~最狂編
まもなく動きだす!悪夢の法案
10・17 日本解体阻止!!守るぞ日本!国民総決起集会
それ、マニフェストに載ってませんでしたけど?
同じカテゴリー(売国法案)の記事
 増税に関し、我々が出来る合法的な復讐法とは (2013-10-04 17:41)
 来年4月の消費増税決定 (2013-10-01 19:51)
 動き出した「平成の治安維持法」、人権救済機関設置法案 (2012-01-08 09:05)
 反TPPを「親中」とレッテル貼りする産経新聞 (2012-01-07 01:26)
 TPPについて地上波でここまで言ったの、初めてじゃない!? (2011-11-19 14:52)
 TPPがさらけ出した野田内閣の本性 (2011-11-11 00:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【重要】 蠢き始めた闇法案 その2
    コメント(0)