2011年11月11日

TPPがさらけ出した野田内閣の本性

 「地獄行き片道切符のバス」とも呼ばれるTPPへの交渉参加問題が大詰めを迎えています。
 野田総理は今日にでも参加を表明する、との報道がなされています。

 以前の記事でも申し上げたとおり、なまくらは左翼朝日新聞から親米産経新聞まで、大手メディアが口を揃えて「平成の開国!」だの「バスに乗り遅れるな!」などといったスローガンの連呼で国民をミスリードしようとしていることに危惧を抱いていました。

 ここにきて、中野氏や三橋氏、宮崎氏といった方々の尽力により、「TPP=農業問題」といった単純な図式でないこと、TPP参加にメリットはほとんどなく、寧ろ殆どがデメリットであることなどが世間に少しずつ理解されるようになってきたようです。
 そして、自民党内でもそのことが理解されつつあるようで、漸く自民党は明確にTPP反対を打ち出しました。これも三橋氏が自民党内にもつパイプのおかげだと思います。(三橋氏は自民党員)
 民主党内においても、賛成派と反対派が拮抗し、国民新党は早い段階で明確に反対を唱えていました。
 そしてとうとう、先日の共同通信による世論調査で、賛成派と反対派がほぼ並ぶ、という段階にまで達したようです。
 (本日は時間が無いので、ソースは割愛します)

 つまり、今まで無知なまま、何となく耳障りの良い「平成の開国」といったスローガンで何となく賛成してきた人達の目が覚め、はっきりとした意思の基、反対に回っているのが、ここ数日の動きのように思われます。
 そんな中、野田内閣は何が何でも交渉参加するつもりのようですが、「一人ひとりの声に真摯に耳を傾け・・・」なんていう内閣発足当初の言葉はどこへ行ったのでしょうか?
 国民にほとんど情報を与えず、GDPの押し上げ効果が「10年で」2~3兆円というところ、「10年」というのをひた隠しにし、未だに「TPP=農業問題」に摩り替えようとする野田内閣は、北朝鮮や中国も真っ青の独裁政治がお好みのようです。

 暴走を始めた野田内閣は、なまじ保守を自認する分、もしかしたら先代、先々代内閣より酷い、戦後最悪の内閣になる可能性すら出てきました。
 そして産経新聞を始めとする全国紙、テレビ、それらご用達の竹中平蔵や太田弘子、辛抱次郎らは、日本経済をどん底に叩き落した張本人として、歴史から裁きを受けるはずです。

 この政治・官僚(経産省、外務省など)・マスコミがグルになったTPP亡国政策をとめるには、国民が一丸となって反対運動を巻き起こすしかないようです。
 既に、霞ヶ関周辺では反対デモが複数回起こり、なんと日章旗を掲げた保守派の参加者と左巻きな「市民」とが共に反対デモに参加する、という珍現象まで起きているようです。

 本当に一刻の猶予もありません。なまくらも何ができるか考えましたが、現状ではこうやってブログをアップするくらいしか方法が見当たらないのが口惜しくてなりません。

 ここをご覧の皆様で、TPPのことが未だに良く分かっていない方は是非、下記のブログをご覧くださいませ。なまくらがここで1から説明するよりはるかに分かりやすいかと思います。

   新世紀のビッグブラザーへBlog


 こんなギリギリまでほとんど何もしなかった自分が恥ずかしいのですが、野田首相の参加表明が1日延期されたことは、神様、あるいは英霊がくれたチャンスだと思います。
 この残された数時間で、やれることはできる限りやりたいと思います。


同じカテゴリー(売国法案)の記事画像
【重要】 蠢き始めた闇法案 その2
多文化共生がもたらしたもの その2 ~イタリアからの便り
進行する裏マニフェスト ~最狂編
まもなく動きだす!悪夢の法案
10・17 日本解体阻止!!守るぞ日本!国民総決起集会
それ、マニフェストに載ってませんでしたけど?
同じカテゴリー(売国法案)の記事
 増税に関し、我々が出来る合法的な復讐法とは (2013-10-04 17:41)
 来年4月の消費増税決定 (2013-10-01 19:51)
 動き出した「平成の治安維持法」、人権救済機関設置法案 (2012-01-08 09:05)
 反TPPを「親中」とレッテル貼りする産経新聞 (2012-01-07 01:26)
 TPPについて地上波でここまで言ったの、初めてじゃない!? (2011-11-19 14:52)
 特別永住者=強制連行された人達という大ウソ (2010-01-21 01:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
TPPがさらけ出した野田内閣の本性
    コメント(0)