2013年10月15日

講演

 猛暑の夏もようやく過ぎ、秋らしくなってきました。

 68年前の夏も、こんな風に暑かったのでしょうか。
 随分報告が遅くなりましたが、今年の8月15日も、なまくらは護国神社を参拝し、英霊達に民主政権の終焉と尖閣危機を報告し、国を守る決意を誓ってまいりました。

 さて、なまくらは以前から「先の大戦を経験した方々のお話の記録を撮りたい」と年初の挨拶に書いてきました。
 なかなか機会が訪れず、最初の「抱負」から2年半が経過してしまいましたが、ようやく実現しました。

 毎年、夏になるとアレな団体が無垢な小中学生を対象に戦争の悲惨さを「これでもか」と強調し、洗脳する姿を各地で見ることができますが、ここ宮崎でもそういう胡散臭い団体が胡散臭い活動を行っております。
 でも呼ばれた元軍人さんなどは、そんなことを気にもせず、ただひたすら純粋に過去の思い出を語ってくれたりするのでして、そういう人の生の声は非常に貴重なものとなりました。
 今回記録させていただいた声の主も、主催団体の「空気を読まずに」貴重な話をしていただいています。
 御年90歳近くになられるこの方は、駆逐艦「初霜」の乗組員として大東亜戦争のほぼ全期間に亘って参戦された方です。
 記録の中でも触れていますように、何度も九死に一生を得て終戦を迎え、現在は県央の農村でひっそりと農業を営んでいらっしゃいます。
 戦艦「大和」の沖縄特攻にも随行し、目の前で大和が沈むのを見られたという、非常に貴重な経験をお持ちの方でもあり、戦後に連合艦隊司令長官から頂いた特攻感謝状を今でも誇らしく飾っておられます。
 ユーチューブにて、動画と音声の2つを配信します。動画の方は残念ながらメモリー不足から最後の10分程度がありませんが、音声ファイルの方は完全版を聞くことができます。


キスカ島撤退作戦、坊ノ岬沖海戦の最後の生き証人(音声のみ)
キスカ島撤退作戦、坊ノ岬沖海戦の最後の生き証人の講演1(動画)
キスカ島撤退作戦、坊ノ岬沖海戦の最後の生き証人の講演2(動画)
キスカ島撤退作戦、坊ノ岬沖海戦の最後の生き証人の講演3(動画)

ご本人の公開の了解を得るのに時間がかかってしまいましたが、やっと公開することが出来ます。

彼らがいてくれたからこそ、今の私たちがあるということに、改めて感謝申し上げます。
ありがとうございます。


同じカテゴリー(大東亜戦争)の記事
 無法国家に舐めれれている安倍内閣 (2014-10-06 11:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
講演
    コメント(0)