2009年10月04日

訃報 ~中川昭一さん逝く

 今夜は講演会の書き起こしをする予定でしたが、緊急的に中止します。
 突然の訃報でした。

 中川昭一元財務相(56)が4日朝、東京都世田谷区下馬の自宅のベッドで死亡しているのが見つかった。警視庁世田谷署によると、目立った外傷はなく、これまでに遺書は見つかっていない。同署は死因などを調べている。

 同署によると、中川氏が同日朝、起きてこなかったことから、妻が2階寝室に様子を見に行ったところ、ベッドの上でうつぶせになり、ぐったりしている中川氏を発見。同日午前8時20分ごろに119番通報した。救急隊が到着したときにはすでに死亡しており、病院には搬送されなかった。

 室内に荒らされたような形跡はなく、中川氏は寝間着姿だった。妻が3日午後9時すぎにベッドで寝ている中川氏を見た際には呼吸をしていた。

 中川氏は妻と息子、娘の4人暮らし。当時、息子と娘は外出していた。


(引用:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091004/crm0910042121027-n1.htm
 
 最初、このニュースを見た時、正直意味が分かりませんでした。今やっと、頭が理解しつつあるところです。
 氏は、国を思う政治家、真の保守政治家として、多くを期待できる存在でした。
 拉致問題について、早くから取り組んできた政治家の1人でした。
 リーマンショック以降の世界同時恐慌に際し、IMFを通じた”人類史上最大の貢献”を行いました。
 G20では先頭切ってバイアメリカン条項を批判し、自由貿易と世界経済を守ろうと努力なさいました。
 残念ながらマスゴミの毒牙にかかり、閣僚辞任に追い込まれ、先の衆院選でも無念の涙をのみましたが、再起をかけ、奮闘している、と伺っていた次第でした。
 その矢先の突然の悲劇に、言葉を失いました。

 個人的なことながら、なまくらは中川氏に倣い、氏が国政に復帰するまで、酒を断っておりました。
 しかし、今日の訃報を受け、8月の禁酒宣言以来、初めて酒を、弔いの酒を飲みました。
 しかし、今宵の酒はいくら飲んでも、酔いが回ることがありませんでした。

 しかし、悲しんでばかりもいられません。
 我々は巨星を失いましたが、保守の灯火はまだ消えておりません。
 いつの日か、国民が目覚め、真に国の歴史、文化を大切にする政権が誕生するその日まで、我々保守は闘い続けます。
 その決意を新たにしつつ、ちょぴり塩味のきいた酒を喉に流し込みました。

 中川先生、今まで国のために御尽力くださり、本当にありがとうございました。慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

現在、こちらで、「中川昭一氏へ供花を。」というイベントが立ちあがっています。
宜しければ、皆様もご参加していただければ、と思いましたので、追記させていただきます。


Posted by なまくら at 23:15│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
訃報 ~中川昭一さん逝く
    コメント(0)